Skip to main content

千葉工業大学 藤井研究室

建築構造物の地震応答評価,耐震構造

ホーム
研究室紹介
教員紹介
講義関係
授業アーカイブス
講義ダイジェスト版
模型で学ぶ構造力学
はじめに:モーメントの釣り合い
単純梁の反力(1)
単純梁の反力(2)
片持ち梁型ラーメンの反力(1)
片持ち梁型ラーメンの反力(2)
片持ち梁型ラーメンの反力(3)
静定梁の挙動(1)
静定梁の挙動(2)
静定梁の挙動(3)
静定梁の挙動(4)
1層1スパン骨組の挙動(1)
1層1スパン骨組の挙動(2)
1層1スパン骨組の挙動(3)
1層1スパン骨組の挙動(4)
模型の振動倒壊実験
建築構造計算の演習
卒論攻略マニュアル
解析プログラム
2016年熊本地震被害調査
宇土市役所被害調査
連絡先
サイト マップ
English
外部リンク
メンバーのログイン
片持ち梁型ラーメンの反力(3)
 
 
 それでは,実験結果から固定端(A点)での反力を算定します.
 
 
 
 
 
 それでは,実験結果と計算結果(「片持ち梁型ラーメンの反力(1)」に記載)を比較してみましょう.
 
 
 
 上のグラフより,実験より得られたおもりの位置と固定端反力の関係は,計算結果と一致していることがわかります.つまり,片持ち梁型ラーメンの固定端に作用する反力は,単純梁のときと同様に,力のつり合いに基づく計算で求めることができる,ということになります.