Skip to main content

千葉工業大学 藤井研究室

建築構造物の地震応答評価,耐震構造

ホーム
研究室紹介
教員紹介
講義関係
授業アーカイブス
講義ダイジェスト版
模型で学ぶ構造力学
はじめに:モーメントの釣り合い
単純梁の反力(1)
単純梁の反力(2)
片持ち梁型ラーメンの反力(1)
片持ち梁型ラーメンの反力(2)
片持ち梁型ラーメンの反力(3)
静定梁の挙動(1)
静定梁の挙動(2)
静定梁の挙動(3)
静定梁の挙動(4)
1層1スパン骨組の挙動(1)
1層1スパン骨組の挙動(2)
1層1スパン骨組の挙動(3)
1層1スパン骨組の挙動(4)
模型の振動倒壊実験
建築構造計算の演習
卒論攻略マニュアル
解析プログラム
2016年熊本地震被害調査
宇土市役所被害調査
連絡先
サイト マップ
English
外部リンク
メンバーのログイン
はじめに:モーメントの釣り合い
 
 はじめに,力の釣り合いについておさらいをしておきましょう.最初に,下のようなてこ(てんびん)を考えることにします.
 
 このてこは長さが6mで,左側に10kgの重り,右側に20kgの重りがそれぞれぶら下がっています.それで,てこが水平で止まる位置を探すと,左端から4m(右端から2m)のところで,てこがちょうど水平にとまります.そこで,この位置に支点をもってくる事にします.
 
 そして,支点に関するモーメントの釣り合いを考えます.モーメントの定義は以下のとおりです.まずこれだけは覚えて下さい.
超重要:(モーメント)=(力)×(うでの長さ)
 
 そうすると,支点に関するモーメントの釣り合いは以下の通りになります.
 
 
 

 「モーメントの釣り合い」と言うと難しく思うかもしれませんが,要は小学校のころに習った「てこの原理」の事です.それでは下のケースを考えてみます.

 
 急に難しくなったと感じるかもしれませんが,先ほどのてこと見比べて下さい.実は,この梁にかかっている力は,先ほどのてこと上下が逆になっただけです.