Skip to main content

千葉工業大学 藤井研究室

建築構造物の地震応答評価,耐震構造

ホーム
研究室紹介
Member, OB&OG
卒論提出までの流れ(学部)
修論提出までの流れ(大学院)
卒業論文・修士論文
教員紹介
講義関係
授業アーカイブス
講義ダイジェスト版
模型で学ぶ構造力学
模型の振動倒壊実験
建築構造計算の演習
卒論攻略マニュアル
解析プログラム
2016年熊本地震被害調査
宇土市役所被害調査
連絡先
サイト マップ
English
外部リンク
メンバーのログイン
修士論文提出までの流れ(大学院)(2012/02/03 現在)
 
以下,大学院入学から修了までの大まかな流れを記す。
 
1年次
4月上旬(年により異なる) 日本建築学会大会の梗概提出締切
         : 卒論の内容をまとめて投稿!
 
4月~7月下旬  第1セメスター(とにかく単位を取る)
 
8月~9月中旬  夏季休暇 この間に1級建築士関係でインターンを希望するものは実施
 
          : 日本建築学会大会(日程・場所は年により異なる)
 
9月中旬~翌年2月上旬: 第2セメスター(とにかく単位を取る)
          : この間には修士論文のテーマを大まかに決める。必要に応じ予備知識の講義を実施
 
2月上旬~3月下旬  春季休暇: この間に就職活動をしながら,研究を遂行
 
・2年次
4月上旬(年により異なる) 日本建築学会大会の梗概提出締切
         : 1年次の秋から取り組んだ内容をまとめて投稿!
4月~7月下旬: 第3セメスター(修士論文の研究を進める!)
8月~9月中旬 : 夏季休暇
このころ       日本建築学会大会(日程・場所は年により異なる)
          : 修士論文の中間発表のつもりで臨むべし
 
9月中旬~翌年2月上旬 : 第4セメスター(修士論文の研究を進める!)
 
9月下旬(年により異なる) 日本地震工学会大会の梗概提出締切
          : 第3セメスターに進めた内容をまとめて投稿!
 
11月中旬~下旬 日本地震工学会大会
          : 修士論文の中間発表のつもりで臨むべし
 
11月中旬      修士論文題目の提出
 
 
2月上旬       修士論文・梗概提出締切
 
2月中旬       修士論文発表審査会
 
2月下旬       修士論文・梗概最終原稿提出締切
 
3月下旬      学位記授与式(学部の卒業式と同じ日程)
 
注意)大まかな目安として,修士論文をまとめるためには学会発表を2回行う必要がある
(学会大会の梗概は2ページであるのに対し,修士論文の梗概は4ページである.従って,内容的に十分なものとするためには,学会発表2回分の分量は欲しい)