Skip to main content

千葉工業大学 藤井研究室

建築構造物の地震応答評価,耐震構造

ホーム
研究室紹介
教員紹介
講義関係
授業アーカイブス
講義ダイジェスト版
模型で学ぶ構造力学
はじめに:モーメントの釣り合い
単純梁の反力(1)
単純梁の反力(2)
片持ち梁型ラーメンの反力(1)
片持ち梁型ラーメンの反力(2)
片持ち梁型ラーメンの反力(3)
静定梁の挙動(1)
静定梁の挙動(2)
静定梁の挙動(3)
静定梁の挙動(4)
1層1スパン骨組の挙動(1)
1層1スパン骨組の挙動(2)
1層1スパン骨組の挙動(3)
1層1スパン骨組の挙動(4)
模型の振動倒壊実験
建築構造計算の演習
卒論攻略マニュアル
解析プログラム
2016年熊本地震被害調査
宇土市役所被害調査
連絡先
サイト マップ
English
外部リンク
メンバーのログイン
模型で学ぶ構造力学
 
 建築系の大学において,学生さんが最も頭を悩ませる科目の一つである構造力学。私が現在担当している「構造力学2」「構造力学3」では,不静定構造物の力学を教えていますが,なかなか苦戦される方が非常に多いです。
 

 

構造力学をわかりやすく教えるのは難しい…

 
  ここでは,最も基本的な静定梁(「構造力学1」など,構造力学関係の一番最初の科目で習います)と1層1スパンの骨組の簡単な模型(実はこれでも3次の不静定で,手で計算しようとすると結構大変です)を使って,構造力学の理解を深めましょう。
 
 なお,「構造力学3」の到達目標の1つは,この模型のような「不静定構造物の応力(と変形)を求めることができる」事ですので,頑張って自分でも計算できるようにして下さい。